遊び疲れた利島ドルフィンスイム イルカ旅2019年5月 宿:かねに荘 船:利島ダイビングサービス

大当たり2回、他は当り(5分以上はぐるぐる濃密に遊ぶ)が毎出船時に必ずあるというイルカの機嫌が悪い時が無く、寝ているイルカ達はいましたが起きているイルカ達が必ずどこかで当りレベルで遊びに来てくれました。

滞在中スイム船は運の良い事に2船を超える事もなく人間よりもイルカの方が多かった為か、イルカ達もリラックスしている様に感じた。

小雪も赤ちゃんと一緒だったり、赤ちゃん連れずに遊びきたり、ピーピーとかなりご機嫌で遊びに来てました。

興味津々でグイグイ来ます

割込みなんていつものこと

同じ群れとして行動しているのにオスは絡みあいしていて、別のイルカ達と遊んでいると気になるのか突然遊びに来たりと何がしたいのか不明過ぎる。

とまぁそんなこんなで 一緒に行った仲間も利島イルカのグイグイ来てくれる感じに「こんなにイルカと遊んだの初めて」とのことで満足して来月分を早速予約していた。

総じて気になった行動が『口を開ける』という基本威嚇と言われている行動。4月の時にも4~5回口空けてくる子はいたけれども今回ほどでは無かった。識別していない為、正確な頭数は分りませんが数頭が口を開けているように感じました。ガッガッ!という不快音を出す事もあれば全然音がしない時もあり不思議な気分。正直途中からは口開けているのが珍しくなくなり連写撮影しつつ「はいはい、またきましたか」という気分に。



カメラにだけでは無く仲間のイルカに対してやスイマーに対してと色んな方向にやっていました。御蔵島では個人的に頻繁に観ない珍しい行動という印象なので、そういう意味では利島のイルカ特有の行動?個体の特有行動?今だけ流行の行動?なのかもしれません。

そうそう口パクパクさせていたイルカが途中ベロ出してて、あっリバース(ゲロ)するかな?と思っていたらリバースしていました。なぜそう思ったかというとGWに御蔵島で目の前で同じ行動をしていたイルカがいたからです。過去にも2回程リバースするイルカを遠目に見ていましたがやはり「口何回も開けているな~」と思っててその後「あっ舌出している」となってその少し後にリバースするというのを観ていました。何のためにリバースするのか??とにかく面白い行動です。そして二回とも内容物が白い物という偶然の一致?。


長時間遊んでくれるだけでなく面白い行動まで観れた利島旅は非常に有意義な楽しい旅となりました。口開け写真は今回大量に撮れ過ぎて満腹状態。口開けているの連写で撮っただけで100枚以上という笑ってしまう状態、しかも良い感じなインパクトのあるカッコイイ写真が結構あるんです(お気に入りはアップしませんが)。動きが早過ぎてピント外れたゴミ写真も量産してしまいましたが。。。。この辺は動体視力が落ちたと衰えに凹んでおります。

今回ご一緒した仲間達には360度動画も意外と好評で夕食後&帰りの船で観てもらい勝手に感想をリサーチしてました。あと私のスマホではyoutubeにアップした360度動画は指で観たい方向にスライドさせないといけないのですが仲間のiphoneではスマホを観たい方向に向けるだけで自動的に映像が移動して本当の意味での360度動画を観れました。そして私のスマホで見るよりも全然映像が綺麗に見れて、これなら4Kもスマホで観る分には充分な画質。

Goproの肉眼に近いイルカとの距離の臨場感、360度動画ではGoproでは味わえない映像体験という、両立して撮る方が後で面白いという結論に至りました。毎度三台での撮影は必要かと360度カメラ導入後自問自答(面倒臭いんです色々と)しておりましたが今後も継続しようと思います。

ちなみに動画2台撮影していて助かる事があります、それはGoproもinsta360も撮影開始していたのに勝手にフリーズしていて後で大事なシーンが撮れていないという事があるからです。今回の14分遊んだ動画もgoproはフリーズせず撮れていたのにinsta360は6分強の時間で止まっており映像が残っていませんでした。これから夏になって熱暴走なども心配しなければいけないので動画二台撮影が役に立ってくれそう。あとで映像確認に時間が掛かるというストレスもあるのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です