本栖湖(高所)スキンダイビング旅 2019年9月

水中撮影旅が二回しかなかった8月。

しかも二回とも日帰りという気持ちはリフレッシュするが体力的には疲れが溜まるという。

そんな中、本栖湖にもう一度行こうという事で一週間前に決定して日帰りで行って来た。

今回は河口湖までの高速バスは遅延も無く到着。本栖湖までの道も渋滞無く快適に進む。

午前 素潜り

いつものポイントに到着すると20人近いダイバーの数。既に終わって戻る人やこれから潜る人、これはホーンテットマンションは濁っていそうだな~と思って行くと前回ほどの抜けは無いけど見えない程では無かった。

早速潜りつつ撮影開始、心許せる相手だったのでついつい厳しい口調でのフォームチェックになってしまった。


何回か潜っているとホーンテッドマンションにダイバーさんが到着。急激に濁り始める、そして湖底の水草と砂が舞い始める。
正直言って最悪、全てのダイバーさんが海底の砂や水草を舞わせる訳では無いのでしょうが今回の人達は最悪でした。
結局その人達が通った後は浮遊物が大幅に増えて透明度も2m位に落ちた為、場所を変えて撮影する事に。


海底草原を泳ぐ


陽射と透明度を意識しつつつポイントポイントでの撮影。途中から寒くて一時間も入っていられず終了。

昼食

ちょうどお昼の時間だったので大好きな『松風』で『鹿カレーセット』を注文。

鹿肉の刺し身と竜田揚げ、イノシシ肉の燻製、鹿肉のカレー(トマト風味)。
前回は時間が無くて食べれなかったので嬉しかった、そしてマジで美味い!鹿肉セットで1,300円という価格もリーズナブルだし。

午後 素潜り

満腹後にポイントを変えて素潜りを、この頃になると太陽が隠れてしまい気温は28度と暖かいがやっぱり日差しが無いと寒い。

今回初めて入ったポイントは事前リサーチで魚影が濃いという事だったのだが透明度が悪過ぎて魚影どころでは無かった。
ブラックバス2匹と大きめのコイ?がいたが凄い勢いで逃げていった。
寒さで30分も入っていられず、この辺は撮影したい物が沈んでいればアドレナリンが出て寒さ吹っ飛ばすのですがこの日のこのポイントは駄目でした。
20分位でギブアップ。

写真も数枚しか撮っていなかった。



スイム後はお湯沸かして温かい飲み物を!のはずが熱すぎて舌を火傷。



本栖湖は夏は薄着で潜れて良いけど代わりに透明度が落ちる。
少し寒くても人の少ない風の無い日に来るのが良いかもしれません。
ただそれでも充分楽しいんですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です