またまた遊びまくる利島のイルカ達 2019年9月 船:利島ダイビングサービス

9月は夏休取得がある為、御蔵島・利島も旅の予定に入れていなかったのですが一回はイルカ旅しときたかったので急遽利島に日帰り旅をすることに。

私の利用するショップから聞いた話では、台風10号前には3日程ボーズがあったそうですが、10号の後には5日連続とその後1日の計6日イルカが出張していていなかったという情報があったのでイルカ居ない可能性が結構あるという中で直前予約して出発。

9月とは言え平日という事もあり22:15に竹芝桟橋に着くと思っていたよりも人が多くなかった。そのうち何分の1かは納涼船後の人達(浴衣姿)。
しかも酔い潰れてリバースしている人もいて、トイレでならいいのですが客船待合所で・・・、過去一度もそんなシーンに出会った事無かったので驚きました。
とりあえずトイレ行って吐いて欲しかった。一部異様な臭いが立ち込めてました。

と出発前から少しネガティブな事があり、家出る時はテンションが上がっていたのに少々下がり気味に。さるびあ丸乗船後はすぐに寝床確保してスマホいじりつついつの間にか寝落ちしていました。

6:50利島無事接岸。曇り時々雨予報でしたが陽射しも時々あり予報より良い状態。

前日イルカ達があんまり遊ばなかったそうで到着すると少しでも早く出船してイルカが寝る前にスイムしたいという事で私以外のお客さんは準備終了していた。私も急ぎ準備して7:15には出航。

イルカ居ると良いな~と思っていたら港出て東周りしてすぐに発見。船から観たイルカの様子も起きている。

ファーストエントリーするとご機嫌の時の利島イルカのパターン、船の下で待っていてくれる状態。それからは次から次に遊びに来るイルカ達。

皆覗き込んでくるので、どの子が長い事遊びそうか選べる贅沢さ

途中から1頭のイルカとのんびり遊ぶのですが子イルカがカメラ前に割込みたくて仕方が無い様子。
割込むと親イルカが割込み返すという攻防が面白かった。
そんなこんなで長い事遊んでいてイルカが去ったと思って録画時間確認すると15分越え、実際に遊んでいたのは14分でしょうか(まだ確認できていませんので少し少なめに)。

思い立ったかのように半水面

個人的に10分以上連続で濃密に遊べば大当たりと思っているので大満足の中ボートに戻る。
次のエントリーも5分程イルカにもみくちゃにされて一緒に遊び既に足がパンパン。
その後は少し遊んで行ってしまうの繰り返し。
ただ眠り始める事も無く私たちに飽きてもイルカ達で遊んでいたりして観ていて面白い。

若い雄イルカ3頭がペニス出してバッシャバシャ波立てて絡み合いしているのが面白かった。

ペニス出したまま突っ込んでくる。


後半はちょっと来て去ってしまう、飽きられました。

スイム後はショップでのんびり過ごす。早い時間に行くと復路の船まで時間に余裕が出来るので本当に助かります。バタバタ帰り仕度すると忘れ物したりするので。。。

沢山遊んで写真は700枚程。初めて?ご一緒した方がソニーのα7Ⅲと12-24㎜の超広角レンズで撮影されていました。
連写は私のカメラの2倍性能で撮影枚数が2000枚を超えていたとか!!私以上に連写する人久し振りにお会いしたのでなんか嬉しかった。

そして少しだけ撮影した写真をカメラのモニターで見せて頂いたのですが12㎜は本当に超々広角で使いこなすの難しそう。周辺も小さいモニターで観ても流れているの分る位。一眼の好い所はレンズ次第で人とは違った画作りが出来る所なので12mmの画が多数世に出て行くと面白いかもしれませんね。私は16mmが慣れ親しんだ画角なので丁度好いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です