この日一番楽しみにしていたBarracuda Lake へ!!コロン島アイランドホッピング! ブスアンガ旅 3日目後編 2020年2月

さてさていよいよ本日一番楽しみにしていたポイントへ

⑥ Barracuda Lake

フリーダイバー&ダイバーしか潜ってはいけないというポイント。

一般客はライフジャケット必須!!

でも水中が非常に魅力的なポイントで水面から15~20m迄が淡水、20~30mが水温40℃の海水?という温泉状態が面白いらしい。

私はカメラ持つと10m潜るのが限界なのでその辺は興味がなくて別の事に被写体として魅力が!

地形が非常にカッコ好いのです。

そこにスイマー入れて撮りたいと思って楽しみにしていました。

運の良い事に相方がフリーダイバーのライセンスを持っているのでガイドに駄目元でお願いしたら現地の監視員?に許可を取ってくれてガイドが近くにいれば潜る時だけライフジャケットを外して良いという事に。

ちなみに勝手にライフジャケット外すと罰金5,000ペソ(10,000円強です)だそうです。

数回潜って写真を撮る。
少ないチャンスなので失敗できない中、とりあえず満足な写真が撮れました。

正直もうこれでこのツアーの料金分は元取れたなぁ~なんて。




さて次のポイントは このツアーで一番有名なポイントかもしれません。

⑦ Kayangan Lake

誰でも撮れるフォトジェニックなポイントがあるからです。

DCIM\100GOPRO\GOPR1087.JPG

ここはみんな長蛇の列を作って自分を入れて撮っています。
私は自分が入るの興味無かったので並んでいる人の隙間から風景だけ撮らせてもらって去りました、しかもGoproで。

湖は遊泳可の範囲は浅いのでぷかぷか浮きながら地形を堪能。

DCIM\100GOPRO\GOPR1068.JPG

ここもライフジャケット必須。

ここは私もライフジャケット着けてました。

途中流石に飽きたのでライジャケ着けたままでも潜れるかを試す。

大変だけど何とか潜れました。

近くにいた欧米人グループからメチャクチャ褒められました。
下に泳ぐの止めると一気に浮いてくる感じが面白かった。




最後のポイント

⑧ Siete Pecados Marine Park

2割程のサンゴが死んでいるが、生き生きしたサンゴがいっぱいでした。

しかし透明度は凄く悪かった。

この旅最後の海なのでとりあえず入りました。
夕日が射し込んでいたので透明度悪いので幻想的な写真が撮れました。

ツアー終了。

お世話になったガイドにお礼のチップを渡して(渡さなくてもいいツアーです)宿へ。


少し買い物して前日に行こうと決めていたレストラン『Big Mama’s Pinoy Hot Pot & Grill Restaurant』へ。
町のメインストリートにあり観光客が賑わうお店でした。
野菜炒め・肉系の炒め物・スープとマンゴーシェイクを注文。

食事はこの旅一番の美味しさだった、というか好みでした。

そしてマンゴーシェイクですが・・・メチャクチャ甘くてマンゴー濃厚で美味しかった!!これですこれが飲みたかったんですよ!!

大満足の夕飯でした。





と最後の夜を最高の状態で締めくくるかと思いきやそうは問屋が卸さない。。。
私は疲れてくると身体の抵抗力が落ちるのかお腹壊し易くなるのです。
この日の夜は吐き気と腹痛に見舞われました。

町の小さなお土産屋さんとか回ろうと思っていましたがとてもとても、食後はすぐに宿に戻って気持ち悪い中、荷造りして倒れるように寝てしまいました。最後の夜なのに。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です