2泊4日弾丸アシカスイム旅(後編) in パース shop:DIVE OSEANS

3日目

ツアー客が私達2人だけなのでピナクルズは行かない事にして出発時間を1時間遅らせて6:30にピックアップしてもらう。

9:30ジュリアンベイ到着。

ジュリアンベイにはアシカのポイントが二箇所あるのですが昨日アシカ達が非常に良かったので今日も同じポイントをリクエスト。

10:00出航

港出る前に湾内に入ってくるイルカを発見!
イルカウォッチング
多分ハンドウイルカだと思われます。
水面では3頭確認。

ビーチ50m位の所まで来ておりビーチエントリーで遊べる距離です。
船長エントリーさせてくれないかな、と思いつつもアシカと遊ぶ時間が減るのも悲しいという事でスイムリクエストする事もせず、船の上から写真だけ撮影。
アシカスイム後に戻って来た時にいたらビーチから遊びに行こうと密かに企む。


10:30 イルカウォッチングしたので到着が10分程遅れてアシカエントリー。
3~4頭が待ってましたとばかりに遊びに来る。


昨日より水中にいるアシカの数が少ないかなと思っていたら何分かしたら結局陸にいた子アシカ達も入水していて昨日と同じ10頭位が遊んでくれていた。前日同様テンション高くてもうアシカと人がしっちゃかめっちゃか。


覗き込んでくる感じが可愛い

この日は前日よりも噛んでくるのや抱きついてくるのが早い段階からあって動画のバッテリーも大丈夫でしっかりと愛らしさが記録されていた。

前方のアシカを見ていると足とかに急に重りが付いたみたいになるので見てみるとアシカが抱きついているのです。クリクリの黒目で抱きつきながら見つめられるとおっさんの私でも可愛いと思ってしまいます。



あと噛みついてくるのも初めは遠慮がちに甘噛みなのですが噛まれるがままに放置しているとドンドン噛む力が強くなってきます。そしてウェットの無い所を狙ってきます!その時は激痛が走る。最終的には私の足をムナビレで押さえてソックスを噛み千切ろうとする始末。流石にそれは止めてくれとばかりに足をブンブンしました。


結局2日目もスタッフに終了と言われる12:15位までアシカと遊び続け終了。アシカスイム2日目は抱き付かれる事が多くアシカの可愛さが前日より爆発、しかし透明度はガタ落ちして写真撮るには本当厳しかった。それでも最高に楽しいアシカスイムでした。

スイム後は前日同様公園で昼食を取り、砂漠も昨日行ったのでスルーして17時にパースに到着。

その後はパース国際空港へバスで移動。バス内は日本人も6人位いて降りる場所でかなり皆迷走しました。帰りもやはりパースのバスはハードル高いな~って思った、でも安い。
空港では夕食。カレーとハンバーガーセットを注文。

ハンバーガーはネットの評判通り美味しかった♪前日のマックと比べてもクオリティが全然違った。まぁマックはマックで別のジャンクフード感が良いのですが。
出国は一時間位前におこなう。この時少し失敗したな~と思ったのが入国時に時間が掛からなかったので余裕と思って一時間位前にしたのですが思っていた以上に人が多くて30分で出国できず海外旅に慣れていない私は置いて行かれないかな~って少し焦りました。やはり空港へは早めに到着し搭乗口に行っておくのが良いですね。

21:55パース発 寝ているか食べているかであっと言う間に翌日朝に成田到着

2020年のパース旅は昨年の様な血の気が引く様なアクシデントもなく、アシカは去年よりも楽しくて最高でした!

今年でパースは一旦終了して来年は別の場所へ行こうかと思っていたのですがまた来年も行こうか!と気持ちで揺らいでおります。
もし来年も行くなら更に旅を安く済ませるために現地日本人ツアーも使わずに全部自分で手配してみようかな~とも、そこで問題になるのはレンタカーを交代で運転してくれる仲間(相方免許無いので)。

さてさてどうするか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です